2014年2月8日土曜日

接続要素を制する者はMEPを制す(3)

制気口のファミリを作ってみよう

制気口のファミリを作成しながら、接続要素の設定方法について説明します。ファミリの新規作成で適切なファミリテンプレートを選択して始めましょう。

ファミリテンプレートの選び方

制気口の配置方法を考えて、以下のファミリテンプレートの中から選びます。

一般モデル(メートル単位).rft

このテンプレートで作成した制気口は、配置時に一旦FLに配置し、その後高さ情報(たとえば天井高など)を与えることで配置します。

一般モデル(メートル単位)、天井基準面.rft

このテンプレートで作成した制気口は、配置時に天井面に吸い付きます。理にかなっており便利ですが、「リンクモデルの天井は認識しない」「天井がない直天などの場所には配置できない」などの欠点があります。

一般モデル(メートル単位)、面付き.rft

このテンプレートで作成した制気口は、配置時にいろいろな面に吸い付きます。これはリンクモデルの面も認識するので便利です。ただし空中に吊るようなは配置できません。

カテゴリを変更する

一般モデル(メートル単位).rtfを選択したとします。制気口のカテゴリは「エアターミナル」ですので、カテゴリを変更します。
ファミリカテゴリとパラメーター
[作成]-[プロパティ]-[ファミリカテゴリとパラメーター]を選択し、カテゴリをエアターミナルに変更します。
フィルタリストを機械とし、エアターミナルを選択する。
次に参照面と寸法を使って「H」と「W」のパラメータを作成し、グリル部分を押し出しで作成します。

「正面」を開いてグリルの厚みを100mmとします。
厚さを100mmとする。

チャンバーボックス

制気口の上にチャンバーボックスを作成します。チャンバーボックスのサイズは、取りつくダクトのサイズ+100mmという設定にします。
まず図のようにチャンバーボックスの幅と高さと奥行はすべて同じとし、パラメーターをCBとします。
チャンバーボックスのサイズを「CB」とする

ボックスを押し出しでモデリングします。
グリルとチャンバーボックス

接続要素

接続要素を作成します。接続要素は一つの「面」に一つだけ作成できます。[作成]-[接続]-[ダクト接続]を選択し、面を選びます。
作成された接続要素

接続要素で注意すべきプロパティ

ここから接続要素のプロパティを設定するのですが、よく考慮すべき大事なプロパティが3つあります。それは

  • 流れの方向
  • システム分類
  • 形状

の三つです。この三つはファミリ配置後にパラメーターで変更することができません。ファミリ作成時点で決まってしまうため、慎重に設定する必要があります。
流れの方向・システム分類・形状は後から変更できない!

何種類の制気口が必要か?

これらの3つのパラメーターはファミリで決まってしまいます。一方接続されるダクトの直径はインスタンスパラメータに設定することで後から自由に変更できます。したがって制気口は以下のように複数の制気口が必要になります。
システム分類と形状に応じて12種類の制気口が必要
グレーで示した還気や排気の吹出口というのはあまり考えられないのですが、少なくとも8種類の制気口をファミリとして作成しておく必要があります。

流れの方向

流れの方向とはこの接続口に対して空気が入ってくる(イン)のか、出ていく(アウト)なのかということです。これにより空気の流れ方が決まります。例えばアウト同士(つまり吸込口同士)をつないでもエラーになります。

アウト同士をつないだ例:流れの方向が一致しない旨が表示される
吹出口であればチャンバーボックスに向かって空気が入ってくるので「イン」、吸込口であればチャンバーボックスから空気が出ていくので「アウト」を選択します。

接続要素から出ている矢印は、「こちらの方向にダクトが接続される」というマークであり、空気の流れを示しているわけではないので注意が必要です。
接続要素の矢印はダクトの接続方向を示している
次回は接続されるダクトのサイズをインスタンスパラメーターとして設定してみましょう。


2014年1月25日土曜日

接続要素を制する者はMEPを制す(2)


システム分類を統一する

廊下側の吸込口をクリックするとシステム分類が「排気」であることがわかります。一方部屋うちの吹出口はシステム分類が「給気」になっています。システム分類が異なると無理やり接続するとエラーになるので、吸込口の接続要素をシステム分類「給気」に変更しましょう。

ファミリを開く

廊下の吸込口を選択し「ファミリを編集」をクリックしファミリエディタを開きます。接続口を選択してパラメータを見るとシステム分類が「還気」になっていることがわかります。これを「給気」に変更し再度プロジェクトにロードします。
 
接続要素を選択しシステム分類を変更する

プロジェクトで吸込口をクリックすると下の図のようになり、接続要素が「給気」になったことがわかります。
吸込口の接続要素が☒(給気)に変更されたことがわかる

 この状態で前回と同じようにダクトをつなぐと今度はエラーなくつながります。 
エラーなくつながる
つながった途端、ダクトもエアターミナルも青色になることに注目してください。

接続要素に染まるダクト

この状態でダクトを選択すると、システム分類が「給気」になっています。これはグレー表示されていて変更することができません。
ダクトのシステム分類が「給気」となり変更できない
ダクトはそれがつながっている接続要素のシステム分類に「染められる」のです。一方システムタイプは「給気」になっており、これは変更可能です。名前が同じなのでわかりにくいのですが、この「給気」は自分で増やすことができます。ファミリブラウザを展開して、[ファミリ]-[ダクトシステム]-[ダクトシステム]を見てみると、3つの項目が存在します。
排気、給気、還気のシステムタイプがある
この中で「給気」をダブルクリックして「グラフィックの上書き」を選択すると、青色が指定されています。このため平面図は青色になっています。
システムタイプごとに表示を変えることができる
ここでも名前が統一されておらず、システムタイプがダクトシステムとなっており、わざわざわかりにくさを増大させていますので注意が必要です。

システムタイプ(ダクトシステム)の活用方法

このシステムタイプは自由に複製することができますし、また名前も自由につけることができます。 
ファミリブラウザの「給気」を右クリックし複製し名前を「外気」に変更します。タイププロパティを編集し、グラフィックスの上書きを「赤」にしておきます。 
ダクトシステム「給気」を右クリックして複製し「外気」を作成する
そして再度ダクトを選択しシステムタイプをクリックすると「外気」が選択肢に現れます。
「システムタイプ」に「ダクトシステム」が表示される
このときシステム分類が「給気」のダクトシステムだけが表示されます。そしてこれを外気に変更するとダクトと制気口が赤色になります。

ダクトシステムが「外気」に変更されると表示がかわる
ダクトのシステム分類は「給気」「排気」「還気」の三種類しかありません。これは大分類であり、これをさらに拡張する機能としてシステムタイプが存在します。システムタイプを活用することで、色だけではなく、タグを使ってダクトの情報を図面上に表示することが可能になります。

システムタイプのプロパティをタグで表示したり、表示を変更することが可能
このようにシステムタイプ(ダクトシステム)を活用することで、システム分類をさらにこまかく分類することが可能になります。

2014年1月12日日曜日

接続要素を制する者はMEPを制す(1)

具体的につないで確認する

接続要素の振る舞いを知ることはMEPモデリングにとって大変重要です。今回は具体的にモデルを作成しながら、接続要素の重要性を確認します。
下の図のように、部屋と廊下をパスダクトでつなぐという、プリミティブなモデリングをしてみます。廊下側から部屋に空気が流れているとして、「機械テンプレート」に含まれている
  • M_吹出口
  • M_吸込口
を配置してみました。
吹出口と吸込口を配置

次にこの両者をダクトで接続します。いずれかを選択・右クリックし「ダクトを作成」を選択し、相手につなごうとするとエラーになります。
エラーが表示される

エラーメッセージは
  • 接続しようとしている要素には、異なるシステム分類があります。
です。どういう意味なのでしょう?

システムを組んでみる

次にシステムを組んでみます。廊下側の吸込口を選択し、[修正-エアターミナル]の[システムを作成]パネルの[ダクト]をクリックします。すると次のダイアログが現れます。

[システムエディタ内で開く]にチェックを入れてOKし、部屋にある制気口を選択し、システムに追加しようとすると・・・・
吹出口をシステムに追加することができない
 これまたエラーになります。

システム分類が異なると接続できない

これらのエラーの原因は残念ながらエラーメッセージを読んだだけでは何のことやらさっぱりわかりません。エラーメッセージには

  • システムのシステム タイプ(還気)と一致する利用可能な接続がありません。

となっていますが、この表現はあまり適切とは言えません。正しくは

  • システム分類「還気」と一致する利用可能な接続要素がありません。

です。前回の図を思い出してください。
システム分類が同じ接続要素しか仲間になれない
システムとは同じシステム分類に属する接続要素の集合です。ダクトのシステム分類は

  • 給気
  • 還気
  • 排気
  • 他の空気
  • 継手
  • グローバル
があり、今回のモデルでは部屋側の制気口が「給気」、廊下側の制気口が「還気」になっており、システム分類が一致しません。そのためシステムを組むことができないのです。冒頭のように手作業でダクトを接続したときのエラーメッセージは接続が論理的におかしいことを示していたのです。

システム分類の見分け方

接続要素のシステム分類を見分ける方法は簡単で、クリックしてみればすぐにわかります。
接続要素のシステム分類・接続ダクトサイズ・空気の流れがわかる
接続要素をもつ要素を選択すれば、接続要素ごとに

  • システム分類
  • ダクト接続部のサイズ
  • 空気の流れ

がわかるようになっています。(この3つの情報がわかることに着目しておいてください。モデリングを行う際、この3つの情報が実に有効なのです。)
システム分類は次のような絵で示されます。
クリックすればシステム分類がわかる
次回は制気口のファミリを修正し、接続要素についてもっと詳しく見てみましょう。


2013年12月29日日曜日

接続要素のシステム分類

システム=接続要素のグループ

前回までお話ししたように「システム」とは結局は接続要素のグループといえます。そして、同じシステム分類に属する接続要素しか、同じシステム(接続要素のグループ)に組み入れることはできません。
システムは同じシステム分類に属する接続要素のグループである

接続要素

サンプルファイルを開き、任意の吹出口(エアターミナル)を選択し、[編集]ボタンをおしてファミリエディタで開いてみましょう。
緑色の丸いのが接続要素

接続要素を選択してパラメーターの値を確認します。
接続要素のパラメーター
ここに「システム分類」というパラメータが存在します。実にこれがシステム分類の本家本元といえます。ファミリに配置された接続要素のシステム分類やその他のパラメーターが、実際のMEPモデリングに大きな影響を与えますので、この接続要素の振る舞いや性質を把握しておくことはとても重要です。

接続要素の種類

接続要素にどのようなものがあるのでしょうか。これはファミリエディタを開いてみればすぐにわかります。[新規作成]-[ファミリ]で「機械設備(メートル単位)」などを選んで開いてみてください。[作成]タブの右側に接続要素がずらりと並んでいます。
ダクト接続と配管接続は「システム分類」をもつ
このうちシステム分類のプロパティをもっているのは
  • ダクト接続
  • 配管接続
の二つです。さらにそれぞれのシステム分類は以下の通りです。

ダクト接続

  1. 給気
  2. 還気
  3. 排気
  4. 他の空気
  5. 継手
  6. グローバル

配管接続

  1. 温水(往)
  2. 温水(還)
  3. サニタリー
  4. 排気口
  5. 住宅用温水
  6. 住宅用冷水
  7. その他
  8. 湿式防火
  9. 乾式防火
  10. 予作動式防火
  11. その他の防火
  12. 継手
  13. グローバル
システム分類は規定値でありユーザーが追加したり変更したりすることはできません。たとえば「外気」というシステム分類を作ろうとしても、作ることはできません。

ダクト接続要素のパラメータ

上記のダクト接続要素のパラメータでは以下の点に注意してください。

システム分類

システム分類が同じものだけがシステムとしてグルーピングできます。ですから同じ形状の制気口でも給気・還気・排気の3種類の制気口が必要になります。

流れの方向

空気がその接続要素に対して「イン」「アウト」を設定します。給気システムの場合、制気口は「イン(空気が入ってくる)」で、エアハンドラなどの場合は「アウト(空気が出ていく)」です。排気の場合は逆です。

形状

接続するダクトの形状を「円形」「長方形」「楕円形」から選んで設定します。サイズはインスタンス・タイプパラメーターとすれば、後から変更できますが、ダクト形状は変更できません。ですから、接続するダクトの形状ごとに制気口のファミリが必要です。

ファミリがすべてを決める

意外なことですが、RevitMEPの場合、接続するエアターミナルや機械設備によって、ダクトの給気・還気・排気などの性質や空気の流れは決まってしまいます。ダクト自体には空気に流れや用途を決める能力はなく、何に接続されているかによってそれらは決まってしまうのです。

適切なエアターミナルや機械設備を選択することはMEPモデリングにとって極めて重要で、またファミリのつくり方、とくに接続要素の配置については細心の注意が必要です。

2013年12月14日土曜日

システム分類について

システム分類→システムタイプ→システム

前回はシステムの概念についてお話ししましたが、残る「システム分類」と「システムタイプ」とはどのような考え方でしょう?おおざっぱに言えば下の図のようば関係になっています。
システム分類とシステムタイプとシステムの関係
すべてのダクト・配管系のシステムは何らかのシステムタイプに属しており、ダクト・配管系のシステムタイプはいずれかのシステム分類に属しています。このシステム分類とはどのようなものがあるのでしょうか?

システムタイプ

まずはシステムから一つ上がって、システムタイプを見てみましょう。この定義がどこにあるかというと、プロジェクトブラウザのファミリの中にあります。サンプルファイルを開いて確認してみてください。
ダクトシステム

配管システム

ダクトシステム

ダクトシステムのSupply Airをダブルクリックしてみると、システム分類が「給気」になっていることがわかります。
システム分類は「給気」
つまりシステムタイプ「Supply Air」のシステム分類は「給気」に属していることがわかります。そのほかのプロパティをみるとシステム分類を確認できます。
ダクトのシステム分類はこの三つ
ダクトのシステム分類は実はこの3つしかなく、増やすことはできません。一方、システムタイプはいくらでも増やせます。たとえば「Supply Air」を右クリックして「複製」を選択すれは任意の名前のシステムタイプを作成することができます。しかし、そのプロパティを確認すると、やはりコピー元のシステム分類を継承しています。
システムタイプはいくらでも増やせるが、システム分類は増やせない
なぜシステム分類が必要なのでしょう。システムタイプさえあれば特にシステム分類など必要ないような気がしますが・・・・

接続要素のシステム分類

結局のところシステムとは接続要素の集合です。その接続要素の集合がシステムタイプに属しています。ただ属する前の状態を考えてください。まだシステムに組み込まれていない、宙ぶらりんの状態の制気口・・・。これをシステムに組み込むとき、その氏素性がわからないと、仲間にしていいかどうかわかりません。このとき接続分類がその要素の氏素性をあらわすのに役に立つのです。ダクト・配管の接続要素はすべてシステム分類を持っています。

  • 同じシステム分類をもつ接続要素のみがシステムとしてグルーピングできる。
  • システムは同じシステム分類をもつシステムタイプに属する。

ことになります。前回、システムを作成するとき最初に表示されたダイアログボックスを思い出してください。

このとき一番上に表示されるのが「システムタイプ」です。このシステムタイプは選択した接続要素と同じシステム分類のシステムタイプが表示されているのです。
選択した接続口のシステム分類と同じシステムタイプが表示される

次回は接続要素について理解を深めていきましょう。

2013年11月30日土曜日

システムとは何か?

システムとは何か?

前回自動経路作成を紹介しましたが、これはダクトを物理的に接続する前に、論理的な接続を行っているからこそ可能なのです。制気口と設備機器のセットをシステムと呼んでいます。
Revitのシステムは次の三つがあります。

  • システム分類
  • システムタイプ
  • システム

やたらと「システム」を連発するので、何の事だかよくわからなくなってしまいます。しかしこのシステムの概念を理解することがRevitMEPを使いこなすうえでは重要です。

サンプルファイルのダクトを選択し、プロパティを確認すると「機械」セクションに「システム分類」「システムタイプ」「システム名」「システム省略形」の4つのシステム○○があります。

ダクトを選択すると「システム」のプロパティが表示されるが・・・

システム=設備機器のネットワーク

機械設備でいえばシステムとはエアターミナルと設備機器のネットワークのことで

  • 「どの設備機器(エアハンなど)がどのエアターミナル(制気口)とつながっているか?」

を示すものです。しかし、

  • 「どの設備機器の接続要素がどのエアターミナルの接続要素とつながっているか?」

といったほうがより正確です。ヒートポンプなどの設備にはたいていの場合、給気、還気のための接続点が含まれているので、一つの設備機械が複数のシステムに属することになります。

システムを組んでみる

簡単な例で具体的に見ていきましょう。下の図では4つの吹出口と二つの吸込口、およびヒートポンプが配置されています。

制気口と設備機械
この中には次の合計8つの接続要素があります。

  • 吹出口------給気×4
  • 吸込口------還気×2
  • ヒートポンプ--給気×1と還気×1(そのほか水と電気の接続要素もある)

まずは給気システムを組んでみます。
任意の吹出口を選択すると、リボンの[修正|エアターミナル]タブの[システムを作成]パネルに[ダクト]というボタンが現れるので、これをクリックします。
吹出口を選択してシステム作成開始!
そうすると[ダクトシステムを作成]ダイアログボックスが現れます。選択した吹出口にはダクト接続要素が一つしか含まれていないので、システムタイプのコンボボックスには候補が「給気」だけ表示されます。
ダクト接続要素が一つしかない場合

一旦これをキャンセルして、ヒートポンプを選択すると今度は[修正|機械設備]タブの[システム]パネルには[ダクト][電力][配管]の三つのボタンが現れます。
ヒートポンプにはダクト接続、電気接続、配管接続類が含まれている
これは選択した機械にどのような種類の接続要素が含まれるかによって異なります。このうち「ダクト」をクリックします。
[ダクトシステムを作成]ダイアログボックスではシステムタイプに給気と還気が現れます。
ヒートポンプのダクト接続要素には給気用と還気用がある。
これはヒートポンプにダクトを接続可能な接続要素が二つあることを示しています。このうち「給気」を選択し、システム名を「機械 給気 1」とし、システムエディタ内で開くにチェックをいれてOKします。
今度は[ダクトシステムの編集]タブに切り替わります。
ダクトシステムを編集タブ
これでシステム編集準備ができました。このシステムのエアハンドリング設備は選択したヒートポンプですから、このヒートポンプが制御する制気口をシステムに追加します。
[ダクトシステムの編集]タブの[システムに追加]を選択したまま、4つの吹出口を選択します。吸込口を選択してもエラーが表示されて追加できません。
システムタイプが一致する接続要素がないと追加できない
吸込口には給気の接続要素が含まれていないので、システムに追加できないのです。

すべての吹出口を選択したら、[システム編集を終了]をクリックしてシステム完成です。
システム構成

吹出口と吸込口を交互にクリックし、[修正|エアターミナル]タブの[レイアウト]パネルの様子を比較してみます。
吹出口を選択した場合

吸込口を選択した場合
吹出口はシステム「機械 給気 1」の一員となっているので、[レイアウトを生成]ボタンが使えます。つまり自動経路探索が可能になっています。一方、まだシステムに追加されていない吸込口を選択した場合は、[レイアウトを生成]が使えません。

システムを構成することで初めてダクトルートの自動検索が可能になります。
システムに追加するとダクトルートを自動生成できる

さて、これで冒頭にかかげた3番目の「システム」については、だいたいお分かりいただけたかと思います。しかし、まだ

  • 「システム分類」
  • 「システムタイプ」

についての話は出ていません。それに接続要素が給気用なのか還気用なのかっていつどこで決まるのでしょう?

次回はさらにシステムを掘り下げます。